MAIL MAGAGINE

メールマガジン

(vol.003)訪問者の心をキャッチするもの

2009/02/10
■2009.2.10□■□■□■

webサイトの活用法とノウハウをお届けする・・・aflat通信

(vol.003)訪問者の心をキャッチするもの

----------------------------------------------------------------------

明日は建国記念日。週の真ん中にお休みがあると、体力に余裕が持てますね。
でも気がゆるみがち?短期集中で、実りある一週間を送りたいものです。
ホームページ運営のノウハウをお伝えする「aflat通信」

          それでは、今回も、はりきってまいりたいと思います♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★訪問者の心をキャッチするもの

毎日色々なwebサイトを見ていますが、
印象に残っているサイトって何だろう?と考えてみました。

まず思い浮かんだのが、とある牛丼屋さんのサイト。
ちょうどflashムービーが流行りだした頃で
画面の半分位を占める大きな牛丼の写真と
そこからゆらゆらと立ち上がる湯気のムービーがありました。

数年経った今でも覚えているなんて
相当なインパクトだったのでしょう。
サイトの詳細な内容は覚えていないのですが
「美味しそうな牛丼」というイメージは
しっかりと焼きついています。

インパクトって大切ですね。

さて、その牛丼屋さんのwebサイトを久しぶりに訪れてみました。

デザインはもちろん変わっていましたが、
「大きな牛丼と湯気」というメインテーマは健在でした。
パワーアップしていたのはキャッチコピーです。

『24時間いつでも牛丼』

強く心に訴えかけるフレーズです。
写真とこの言葉だけで色んな思いが伝わってきます。

webサイトはクリックするとすぐに別のページへ
いけてしまうことから「移り気なメディア」と言われています。

ユーザーの心をキャッチするためには、
「インパクトのあるもので注意を引き
キャッチコピーや見出しで素早く興味を引き出し、
本文を読んでもらう。」
という流れが一つの方法としてあります。


心に残るwebサイトは、
なんとなくカッコイイムービーを使っているサイトではなく、
伝えたい心があって、それを形にするという目的を持って
デザインやフラッシュが作られているものです。

牛丼と湯気も「おいしい牛丼を食べに来て欲しい」という
思いを伝えるための手段です。
この思いが伝わればユーザーは
「おいしそう!食べたい!」と思ってくれるでしょう。

すると、
「どんな素材を使っているんだろう?」とか
「どこにお店があるんだろう?」とか
「どんなメニューがあるんだろう?」ということで、
webサイトの内容を見てくれるのです。


文章も、ただ説明するだけでは伝わらないことが多々あります。
興味を引くためのキャッチコピー。
適当な位置に的を得た見出し。
リズムのよい文章。
分かりやすい例え。
理解を助ける挿絵。
簡潔な結論。
そして、「伝えたいこと」は強調したり、繰り返し使ったり、
表現を変えて言ってみたりもします。

あなたのサイトはどうですか?

伝えたい思いは何でしょうか?
その思いが伝わったらユーザーはどんな気持ちになりますか?
その後ユーザーはどんな情報が欲しくなるでしょうか?
その情報(コンテンツ)へは分かりやすく行けますか?


------------------------------ ヒント ------------------------------

アフラットの場合・・・

☆伝えたい思い
 →「私たちが作るwebサイトは素晴らしいですよ。」という事。

☆ユーザーはどんな気持ち?
 →ユーザーに「HP制作の相談をしたい」と思ってもらいたい。

☆ユーザーが見たくなるコンテンツ
 →どんなwebサイトを作るのか(実績)いくらで作るのか(料金体系)
  どんなノウハウがあるのか(コラム、各種説明文)
  どんな人が作っているのか(プロフィール、ブログ、メルマガ)



■本日のQ&A━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

Q.動的なホームページ、静的なホームページって何ですか?
--------------------------------------------------------------------

□アニメーションやムービーなどの動画を使ったホームページを「動的」
 写真、イラスト、文章だけのホームページを「静的」という人もいますが

□ユーザー(ホームページを見る人)によって、表示される内容を変えたり、
 ユーザーのアクションによって、返答を変えたり・・・また、ユーザーが
 クリックしたり、入力したりというアクションによって動きが起きるホー
 ムページのことを「動的」といいます。

□動的なホームページはプログラミングによって作られ、「ホームページに
 システムを入れる」という言い方をされたりもします。

□システム導入には、設計から構築まで多くの作業が発生するため、時間や
 費用がかかることもあり、高度なホームページといえますが、チラシや雑誌
 テレビなどと比べて、ユーザーとより深いコミュニケーションがとれると
 いう面で大きな可能性があります。


このコーナーでは、皆様からの質問にお答えしていきます!
お気軽にお寄せ下さい ⇒ mailmag@aflat.com



■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※CMSキャンペーンのオプションの「早割」は2月末日までとなっております。
 ご検討はお早めにどうぞ。
  ⇒ http://www.aflat.com/cms/

※aflat通信は毎月10日、20日、30日に発行いたします。

                 それではまた次号をお楽しみに!(^o^)/ 

■………………………………………………………………………………………■
 【発行元】 株式会社アフラット http://www.aflat.com

       〒228-0001 神奈川県座間市相模が丘1-20-47第2熊崎ビル5F
       TEL:042-860-0171 FAX:042-749-6181
       営業時間:10:00?18:00(定休日:土・日・祝日)

 【発行責任者】 松岡 未知


★ご意見・ご感想等お気軽にお寄せ下さい! ⇒ mailmag@aflat.com


////////////////////////////////////////////////////////////////////

▼このメルマガの登録・解除はこちらからお願いいたします。▼
 http://www.mag2.com/m/0000281583.html

■………………………Copyright (C) 2009 a-flat All Rights Reserved.…■
◎[aflat通信]今からできる実践的webマスターガイド
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000281583/index.html 
  このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ▼決して「勉強しよう」と思わないでください!▼
  赤ちゃんがコトバを覚えるメカニズムを応用した英語習得法とは?
   詳しくはこちら⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=22761&;rid=2 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
???????????????????????????????????─
●増田俊男の時事直言!
http://www.mag2.com/m/0000021636.html  週刊
「国際金融アナリスト増田俊男さんのアメリカでの人脈はすごい!株の上げ時、
下げ時、2009年中東戦争勃発を予言!「未来を過去にする男」の情報誌「時事
直言」(無料)を読まない手はない!
★発行者webもご覧ください↓
http://www.chokugen.com/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━



バックナンバー

もっと見る

HOMEメールマガジン
お問合わせ
ページのトップへ戻る