MAIL MAGAGINE

メールマガジン

[aflat通信](vol.039)判断に迷わない理由

2011/06/27
webサイトの活用法とノウハウをお届けする・・・aflat通信

(vol.039)判断に迷わない理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 株式会社アフラット http://aflat.com/


 こんにちは。
 ホームページ制作会社アフラットの制作スタッフです。

 急に真夏の暑さが訪れ、戸惑ってしまいますね。
 社内では暑さを見込んで “風通しをよくするレイアウト変更”
 をすませていましたが、予想以上に暑いです。

 しかし、事前準備があるのとないのとでは大違い!

 この点は、ビジネスやサイト運営とも
 相通じるものがあるように思います。


 さて、ホームページ制作には完成がないもので、
 数年来お付き合い頂いているお客様からは
 継続的に修正や追加のご依頼をいただいております。

 その中で、毎回歯切れよくレベルアップされるお客様と
 修正の度に苦労をされているお客様がいることに気づきました。

 違いは「対象」と「目的」です。

 「(対象)ユーザー」にとって「(目的)使いやすい」サイト
 という方向性が固まっているのが前者

 「(対象)私」にとって「(目的)カッコイイ」サイトにしたい
 という気持ち等が入ってきてしまうのが後者です。

 これは、サイト運営に関わる人が多い場合や、
 複数の部署から承認を得なければ決定できない場合などは
 回避する事がなかなか難しい問題となります。

 しかし、この部分をどう乗り越えるかが、
 WEBディレクターや進行管理に関わる人たちの腕の見せ所でもあり、
 ライバルと差がつく所でもあります。

 例えば、

 ●重たいサイト(読み込みが遅い)
 ●フラッシュを見終わらないと次のページへ進めないサイト
 ●音が鳴るサイト
 ●文字の読みにくいサイト(小さい、色が分かりにくい等)

 この様なサイトは嫌われる傾向があります。

 「そんなあたり前のことは分かっているよ」と思われる方も
 大勢いらっしゃると思いますが

 是非見てほしい動画や思い入れの強いコンテンツは、
 いつもの判断基準をつい下げてしまい
 「ちょっと重たいけど掲載しよう」となる事もよくあります。

 本当に必要なものなのか?
 個人的なこだわりなのか?

 判断に迷った時は、
 「(自分が)どう思うか?」ではなく、

 「サイトを見た人がどう思うか?」
 という視点で考えてみてはいかがでしょうか。

 この思考は、会議で意見が分かれた時にも使えます。
 ぜひ試してみてくださいね。



■本日のQ&A━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 Q.ホームページで重要な事柄を赤文字で目立たせたいのですが?

----------------------------------------------------------------------

 A.もともと赤文字は「緊急」「異常」「危険」という時、迅速に伝える場
   合に使われる配色であり、心理的にも心に刺激を与える配色です。

   webの場合、むやみやたらに文字色を変えるとリンク色と混同し、まぎら
   わしく感じるほか、落ち着いて読んでほしいという意図の相反する効果
   を生んでしまいます。
   
   また、人によっては「命令されている」「押しつけられている」と感じ
   る人も少なくなく、せっかく重要な事を書いていても、嘘っぽく感じ取
   られてしまう危険性もあります。

   yahooなどのニュースサイトでも重要な事柄が赤文字で書かれた事は記憶
   にありません。
   webの世界は玉石混淆と言われています。
   (すぐれたものと劣ったものが区別なく入り混じっている)
   
   読み手はこの情報は正しいか否かを常に気にして読んでいるので、いろん
   な色が入り混じった怪文(?)は全くの逆効果です。
   目立たせる場合、せいぜい太文字程度が良いと思います。


----------------------------------------------------------------------


 ◎2012年名入れカレンダー印刷の受付を開始しました。
  お申し込みが早いほどお得な『早割』キャンペーン実施中です。
  ⇒ http://www.naire.biz/


 ◎暑中見舞いハガキ印刷のご準備はおすみですか?
  ビジネス用にもプライベート用にも使えるデザインをそろえております。
  ⇒ http://www.aflat.biz/syocyumimai/


■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 先日、墨田区にある「スカイツリー」を見学してきました。
 634メートル、世界一高い電波塔。

 立派でした。ちょうど曇りの日だったので、
 てっぺんが雲にかかっていて見えなかったのですが、
 それはそれで圧巻でした。

 原発問題や政治への不信感が募る昨今ですが、
 一方では世界一に挑戦している日本人の姿がここにありました。

                それではまた次号をお楽しみに!(^o^)/ 



■………………………………………………………………………………………■
 【発行元】 株式会社アフラット http://www.aflat.com

       〒252-0001 神奈川県座間市相模が丘1-20-47第2熊崎ビル5F
       TEL:042-860-0171 FAX:042-749-6181
       営業時間:10:00~18:00(定休日:土・日・祝日)

 【発行責任者】 松岡 未知


 ★ご意見・ご感想等お気軽にお寄せ下さい! ⇒ info@aflat.com


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ▼このメルマガの登録・解除はこちらからお願いいたします。▼
   http://www.aflat.com/mailmag/

■…………………………Copyright (C) a-flat All Rights Reserved. …■■

バックナンバー

もっと見る

HOMEメールマガジン
お問合わせ
ページのトップへ戻る