MAIL MAGAGINE

メールマガジン

(vol.019)ブランド力を強化する。

2009/07/22
2009/07/22
■2009.7.22□■□■□■

webサイトの活用法とノウハウをお届けする・・・aflat通信

(vol.019)ブランド力を強化する。

----------------------------------------------------------------------

夏本番です。暑さに負けず頑張っていきましょう!!

ホームページ運営のノウハウをお伝えする「aflat通信」
それでは今回も、はりきってまいりたいと思います♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ブランド力を強化する。

よく耳にする言葉で「ブランド力を強化しろ」があります。

では、ブランド力の強化とは、実際何をすれば良いのでしょう。



1)ブランドコンセプトやメッセージは分かりやすくする。

2)サービスに一貫性を持たせる。

3)ターゲットやニーズを明確にする。

4)出来るだけ露出させる。



以上が、一般的に良く言われる事柄です。



実は、WEBサイトではこれらの事柄を踏まえなくては
成功しない、言い換えれば一つでも欠落すれば
成立しないメディアと言えます。


例えば、

ブランドコンセプトやメッセージが不明瞭では、
折角訪れたユーザーが直帰してしまいます。

サービスに一貫性がなければ、ユーザーの信用は
打ち取れません。

ターゲットやニーズが定まっていなければ
検索エンジンにも登録されにくくなり、
そもそも露出すら危ぶまれます。


「ブランド力の強化」とは「WEBサイトの構築」が
最も近道なのかもしれませんね。(*^_^*)



★自社サイトを持つ最大の理由は
「ブランド力の強化」にある。


では、上記の1)~4)を全て網羅すれば、
本当にブランド力が高まるのか?


実はWEBサイトでは、これらの要素にプラスデザインが
重要な役割を持っています。

ここで言うデザインとは単に「きれいなサイト」や
「クールなデザイン」といった物ではなく、

サイトの入口や目的ページを設定し
いかに効率良く導線を仕掛けるか、
また、分かりやすく誘導するか、
目的達成にはどの様なシステムを構築するのが
一番良いのかなど
WEBに精通していなければ、成し得ない技術の事です。




★自社サイトは自社内で?!


昔は「絵の上手い友達に作ってもらった」や
「美術学校の学生に安く作らせた」など
よく耳にしましたが、
今の時代そんなサイトを公開していては
効果がないどころかマイナス要因に繋がってしまいます。

もっと悪い言い方をすれば、削除した方が売り上げが上がる
といっても過言ではありません。<(_ _)>


ここで経営者は、自社サイトは自社内で作るといった
古い考えは捨てるべきでしょう。





ちょっとクイズ------------------------------------------------------


●問題1
購買や申込みボタンは何色がいいの?


●答
赤やオレンジの暖色系


●解説
商品やサービスの申込み数を増やすには、
「いかに衝動買いさせるか」
という事になります。
ボタンを寒色系にすると、ユーザーに
落ち着きを取り戻させてしまいます。

逆に、じっくり考えさせる
(冷やかしなどのクリック数を減らす)場合、
寒色系が良いでしょう。





●問題2
食べ物のサイトで使ってはいけない色は?


●答
青や紫の寒色系


●解説
寒色系は落ち着きや清涼感を与えますが、
食欲も抑える効果があります。
青いセロハンを貼ったサングラスが
ダイエット器具として売られているのは
有名な話。




■本日のQ&A━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

Q.ホームページの制作スタッフを自社内で抱えれば、コスト削減に
なるのでは?
--------------------------------------------------------------------

A.制作スタッフを抱えれば逆にコストがかかります。
餅は餅屋に任せるのが、一番のコスト削減です。
--------------------------------------------------------------------



□ 以前、とある不動産会社の社長とこんな会話がありました。

「現サイトの内容がごちゃごちゃしてきているので
そろそろリニューアルしてきれいにまとめてはいかがでしょう?」

「サイトリニューアルは非常にコストがかかる。
パソコンに詳しい社員を募集するよ。
そうすれば、今後更新等のランニングコストが抑えられる。」

と返事が返ってきました。


そこで私は、
「かえってコストが掛りますよ」

と忠告させて頂きました。


□ そもそもパソコンに詳しいだけの社員を
ホームページ制作のスキルまで育てるのには
莫大な費用が必要です。
仮に、ある程度のスキルまで育てれば恐らく退社して
その道に進んで行くでしょう。


□ 初めからホームページ制作のできる人材は
いくらお金を積んでも、不動産会社などには
就職してくれません。


□ 制作スタッフは常に新しい情報と技術を身に付けなくては
なりません。
その為には常に制作をやり続けなければなりません。
これは自社内でホームページの受託制作を始めなければ
実現しません。


□ 以上の事を踏まえると、やはり餅は餅屋に任せるのが
賢明ではないのでしょうか。



PS.-------------------------------------------
実際に、この社長は納得のいく人材が確保できず
無駄な募集費用を払わされて終わりました。


このコーナーでは、皆様からの質問にお答えしていきます!
お気軽にお寄せ下さい ⇒ mailmag@aflat.com



■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※みなさん!暑中見舞いハガキの準備はお済みでしょうか。
アフラットでは、18種類の夏らしいイラストデザインから
お好きなデザインを選ぶだけで、かもめーるに印刷するサービスを
展開しております。

デジタルな時代でも、やっぱり日本の風習は忘れてはいけないと思います。(^o^)/

よろしければどうぞ↓

http://aflat.biz/syocyumimai/

                 それではまた次号をお楽しみに!(^o^)/ 

■………………………………………………………………………………………■
 【発行元】 株式会社アフラット http://www.aflat.com

       〒228-0001 神奈川県座間市相模が丘1-20-47第2熊崎ビル5F
       TEL:042-860-0171 FAX:042-749-6181
       営業時間:10:00~18:00(定休日:土・日・祝日)

 【発行責任者】 松岡 未知


★ご意見・ご感想等お気軽にお寄せ下さい! ⇒ mailmag@aflat.com


////////////////////////////////////////////////////////////////////

▼このメルマガの登録・解除はこちらからお願いいたします。▼
  http://www.aflat.com/mailmag/

■………………………Copyright (C) 2009 a-flat All Rights Reserved.…■

バックナンバー

もっと見る

HOMEメールマガジン
お問合わせ
ページのトップへ戻る