MAIL MAGAGINE

メールマガジン

(vol.010)WEBデザインをやってみようかな

2009/04/10
(vol.010)WEBデザインをやってみようかな



■2009.4.20□■□■□■

webサイトの活用法とノウハウをお届けする・・・aflat通信

(vol.010)WEBデザインをやってみようかな

----------------------------------------------------------------------

春は眠気が強い季節ですね。そんな時は、ひとやすみ~ひとやすみ~

ホームページ運営のノウハウをお伝えする「aflat通信」
それでは今回も、はりきってまいりたいと思います♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★WEBデザインをやってみようかな

一昔前に比べて、きれいなWEBサイトが多くなりました。
インターネットが出始めた頃は、
マイクロソフトオフィスのクリップアートみたいなイラストを
がちゃがちゃとつけたWEBサイトをよく見かけましたが
それを考えると、すごい進歩ですね。

お花がクルクル回るGIFアニメなどは
(誰もが通る道かもしれませんが・・・)
企業のWEBサイトでは信頼を損ねかねません。
これは、多くの人が理解していると思います。

しかし、そうでなくとも
「素人が作りました」的な企業WEBサイトには、問題があります。
デザインが素人っぽいサイトを見ると

・デザインする人がいないのかな?
・制作費用がないのかな?
・儲かってないのかな?
・本業でも素人仕事をするのかな?
・問合せの返事をちゃんとくるかな?
・個人情報が漏れるのではないかな?

などと思いませんか?

自分では大丈夫と思っていても
プロのデザイナーにとっては、ダメだしポイントがあるものです。
皆さんが日々行っている仕事においても、
プロにしか分からない細かい差異がありますよね。
WEBデザイナーも同じです。

しかし、一つ一つの作業を
いちいちデザイナーに依頼できない事情はよくわかります。
そこで、プロノデザイナーの作ったものを壊さないように
追加修正する為のポイントを考えてみました。


【ポイント1】配置やレイアウトを変えない。

既にあるページのレイアウトを流用するのが無難です。
写真を右にするか左にするかなども、統一しておけば間違いはありません。


【ポイント2】使用する色は、既に使っている色から選ぶ。

変わった色を使用すれば目立つわけではありません。
同じ赤でも、微妙に色味が違うだけでバランスが崩れます。
色コードを見て完全に同じ色にすることが理想です。


【ポイント3】なるべくいい写真を使う。

写真の良し悪しはパッと見の印象に大きく影響を及ぼします。
ピントを合わせる事と、十分な明るさを確保することが基本です。
本などで撮影テクニックを勉強するのも効果的ですし、
CDやデータで購入するという方法もあります。


「プロのデザイナーのようなデザイン」は素人にはまず難しいです。
デザインで個性を表現しようとしたりせず、
既にあるページの枠から外れない調和的なWEBサイト更新・制作作業を
することが第一です。


奇抜なことをしたい場合も、ベース部分はデザイナーに依頼し、
量産できるスタイルをつくってもらう方が、結果的には
時間もコストも少なくてすみます。
数をこなして利益をあげればよいのです。

きれいなWEBサイトという信頼は、
素人の作る1ページで簡単に壊せてしまうのですから。

------------------------------ ヒント ------------------------------

☆プロの作ったWEBサイトに追加・修正をするときのコツ
【ポイント1】配置やレイアウトを変えない。
【ポイント2】使用する色は、既に使っている色から選ぶ。
【ポイント3】なるべくいい写真を使う。


☆プロのようなデザインをするのは簡単に見えても難しいもの。


☆調和を意識してWEBサイト更新を行うことが必要。


■本日のQ&A━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

Q.ホームページの集客方法に行き詰っています。
--------------------------------------------------------------------

□ホームページは、営業ツールの一つです。単独で考えるのではなく、
 会社全体の営業戦略の一つとして考えると広がりがあります。

□営業方法には、DM(ダイレクトメール)、電話営業、訪問営業、広報活動
 雑誌広告、屋外広告、新聞折込、ポスティング、メール、ウェブ広告など
 様々な方法があります。

□例えば、印刷物に効果的にURLを入れる事や、コピーや説明文を見直す事も
 大切です。

□ホームページの入り口はトップページとは限りません。
 そのページに辿り着いた人に最適なメッセージを伝えられるように用意し
 ましょう。でも実は、検索エンジンは、そもそも、そうなる事を目指して
 います。

□入り口を増やすことと、色々なルートで訪れる人それぞれに、最適なPRを
 することが基本です。


このコーナーでは、皆様からの質問にお答えしていきます!
お気軽にお寄せ下さい ⇒ mailmag@aflat.com



■編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

※aflat通信は毎月10日、20日、30日に発行いたします。

                 それではまた次号をお楽しみに!(^o^)/ 

■………………………………………………………………………………………■
 【発行元】 株式会社アフラット http://www.aflat.com

       〒228-0001 神奈川県座間市相模が丘1-20-47第2熊崎ビル5F
       TEL:042-860-0171 FAX:042-749-6181
       営業時間:10:00~18:00(定休日:土・日・祝日)

 【発行責任者】 松岡 未知


★ご意見・ご感想等お気軽にお寄せ下さい! ⇒ mailmag@aflat.com


////////////////////////////////////////////////////////////////////

▼このメルマガの登録・解除はこちらからお願いいたします。▼
  http://www.aflat.com/mailmag/

■………………………Copyright (C) 2009 a-flat All Rights Reserved.…■

バックナンバー

もっと見る

HOMEメールマガジン
お問合わせ
ページのトップへ戻る